知覚の障害

知覚の障害
実在しない知覚情報を体験する症状を、幻覚(hallucination)といいます。
幻覚には以下のものがあるが、統合失調症では幻聴が多くみられるそうでうす。
また、統合失調症以外の疾患(せん妄、てんかん、気分障害、痴呆性疾患など)、あるいは特殊な状況(断眠、感覚遮断など)に
おかれた健常者でも幻覚がみられることがあるそうです。
幻覚の分類
幻聴
幻視
幻嗅
幻味
体感幻覚
幻覚を体験する本人は外部から知覚情報が入ってくるように感じるため、
実際に知覚を発生する人物や発生源が存在すると考えやすいようです。
悪魔が憑いた
狐がついた
霊が話しかけてくる
宇宙人が交信してくる
脳の中に装置を埋め込まれた
などと妄想的に解釈する方も多いようです。
幻味、幻嗅などは被毒妄想(他人に毒を盛られているという妄想)に結びつくことがあります。

スポンサーリンク

シェアする


スポンサーリンク